読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

J SPORTSサイクルブログ

国内最大4チャンネルのスポーツテレビ局J SPORTSのサイクルブログです。

ツール・ド・ラヴニール、将来のグランツール覇者を探せ!

こんにちは、宮本あさか@Tignesです。
ブエルタ・ア・エスパーニャではなく……、ツール・ド・ラヴニールの取材現場に来ています。だって「アンダー23版ツール・ド・フランス」と呼ばれる、ハイレベルな8日間のステージレースに、日本代表が出場しているんですから!!

f:id:jsports_cycle:20160826025829j:plain

(レース前のプレゼンテーションにて。左から小林海、小橋勇利、秋田拓磨、雨澤毅明、石上優大、小野寺玲。Photo: jeep.vidon)

ラヴニール=l'avenirとは、フランス語で「将来」という意味。つまり、若手選手たちの登竜門的な大会と位置づけられています。かつてグレッグ・レモンやミケル・インドゥラインも勝ち取ったこの大会は、2006年までは25歳以下の選手を対象としていましたが、2007年からは厳密なる「U23大会」となりました。

……それで、どれくらい重要なのかって?

近年の優勝者・受賞者リストをざっと眺めてみるだけでも、このレースの凄さをきっとお分かりいただけるに違いありません。

2010年
ナイロ・キンタナ総合優勝←2014年ジロ総合覇者、ツール表彰台3回
ジョン・デゲンコルプ区間2勝←2015年ミラノ~サンレモ、パリ~ルーベ覇者

2011年
エステバン・チャベス総合優勝←今年のジロ総合2位
ロマン・バルデ区間1勝&ポイント賞←今年のツール総合2位

2012年
ワレン・バルギル総合優勝←ブエルタ区間2勝

2013年
ルーベン・フェルナンデス総合優勝←今年のブエルタでマイヨ・ロホ着用
アダム・イェーツ総合2位←今年のツールで新人賞
サイモン・イェーツ区間2勝←今年のブエルタ区間優勝

2014年
ミケルアンヘル・ロペス←今年のツール・ド・スイス総合覇者

ちなみに去年の総合覇者マルク・ソレール(モヴィスター所属)は、今年、ルート・デュ・シュドで区間1勝+総合2位という好成績を上げています。来年か、再来年の今頃には、グランツールで活躍する大物選手に進化しているはず……。


さて、気になる今年の「将来の大物」は?

今のところは、第5ステージで山頂フィニッシュを制し、第6ステージでマイヨ・ジョーヌを手にしたコロンビア代表のジョン・ロドリゲス選手が、未知なる大物ヒルクライマーとして旋風を巻き起こしています。

f:id:jsports_cycle:20160826030150j:plain

(本人的にはパンチャー・クライマータイプらしいロドリゲス選手は、1996年10月生まれの19歳!photo: jeep.vidon)


そうそう、すでにワールドツアー所属選手(Ag2rのニコ・デンツとか)や、来季のプロ入りが決まっている選手(スカイと契約を交わした英国のタオ・ゲオゲガンハートとか)も数多く参戦しているんですよ。それでも、とんでもない「掘り出し物」を見つけようと、エティックスのスカウトマンやら、アンドローニジョカットリのGMやらが、目を光らせています……!

 

宮本あさか@Tignes

まもなく、ブエルタ開幕です!


こんにちは。ご無沙汰しております。

皆様お盆はいかがお過ごしでしたしょうか?
J SPORTS社内は仕事柄あまりお盆感がなく、夏休みも社員バラバラにとります。自由です。
サイクルロードレース中継がなかなか無いっ!と嘆いたのもつかの間、もうブエルタ開幕ですよ。
今年はオリンピックがあったので、ずっとスポーツの余韻に浸ってられた感じがしますね。個人的に。

さてリオでは、フレフ・ヴァンアーヴェルマート(ベルギー/BMC)が見事男子ロードレース優勝を飾り、
タイムトライアルでは、ファビアン・カンチェラーラ(スイス/トレックセガフレード)が優勝、金メダルを勝ち取りました。
カンチェラーラは途中でツールを棄権した甲斐があった…というわけです。(←少し寂しかったけど…、ナイス判断!)
アーヴェルマートはツールを走り切り、疲労が残る中での挑戦になりましたが、もうさすがです(゚ー゚)(。_。)(゚-゚)(。_。)

そして、まもなく開幕のグランツール最終戦「ブエルタ・ア・エスパーニャ」。
フルーム、コンタドール、キンタナ、チャベス、クライスヴァイク等 ジロ、ツールを賑わせた選手達がこぞって集結!
さらになんといっても、日本から新城幸也別府史之のおふたりが出場します!
新城選手、ツール・五輪・ブエルタと過密スケジュールになりますが、どうかお怪我なさらず(/_<)
そして別府選手、今シーズン初のグランツール出場、ブエルタも初出場になります!
日本のサイクルロードレースファン待望の別府選手のブエルタ初出場の勇姿をJ SPORTSは全21ステージ生中継でお届け致します('-'*)

[J SPORTS ブエルタ特集ページ]

ブエルタ・ア・エスパーニャ2016 : サイクルロードレース | J SPORTS

f:id:jsports_cycle:20160818111625j:plain

 

さらに!まだブエルタを見たことがない方に朗報!
8/20(土)のブエルタ・ア・エスパーニャ第1ステージを
ニコニコ生放送・LINE LIVEで無料LIVE配信が決定\(*T▽T*)/
「ツールしかいつも見てないけど…」「日本人2選手の活躍がみたい!」など、
指定の時間に下記URLにアクセスすれば、無料で見れちゃいます。
この機会に是非、お試しくださいませ!
ちなみに、第1ステージは解説に栗村修さん、狩野智也さんのダブル解説。ナビゲーターは別府始さんでお届け致します。

[ニコニコ生放送 視聴ページ]

live.nicovideo.jp

[LINE LIVE視聴ページ]

live.line.me


そしてそして!
なんとブエルタ・ア・エスパーニャの今年のJ SPORTSの放送は拡大放送です!
例年以上の放送時間でブエルタの魅力をたっぷりお届け。
是非、お楽しみください(*^_^*)☆

[放送予定 詳細]

サイクルロードレース | J SPORTS

 


…さて、ここからは余談になりますので、お時間の許す方はご覧くださいませ。

冒頭、J SPORTS社員は夏休みを基本的に時期自由にとると記載致しましたが、私はもう取得いたしました。
(そのため、このブログもだいぶ更新期間が空いてしまい、申し訳ございませんでした)
そこでいわゆる“現実逃避”をしてきたわけですが、ひとつ小ネタをGETしましたので、お知らせさせて下さい。


どこへ“現実逃避”に行ってきたのかというと島根県出雲市にいってきました。
割子そばや、しじみが有名な島根県ですが、
出雲ときくと、「出雲大社」が出てきますよね。
そう、縁結びで有名です。
ハートのお土産がかわいらしく、人も多すぎず、境内面積も広すぎず、駅からのアクセスも良い出雲大社
ほどよい人数の女性観光客で賑わっておりました。
是非とも、まだ訪れた事の無い方にオススメしたいと思ったのもつかの間、現地の方にこんな情報を頂きました。

「松江にある縁切神社に行ってからここに来ると、悪い縁を断ち切って良縁をここで結んでくれるからまずは松江に行くのがツウ」と(゚ロ゚ノ)!!

しっかり、わたくしは出雲大社でのお参りをすませてからGETしたツウ情報でした。
もっと早くに情報を仕入れていれば…!!!と、後悔しましたので、
せめてこちらの読者の皆様方には後悔をしてほしくない…!と思い、こちらの情報を掲載をさせて頂きました。

ちなみに縁切神社とは島根県松江市にある「佐太神社」のこと。
そこまで位置も離れてないので、ぜひ行ってみて下さい(=゚ω゚=;)


さて、なにを自転車に全く関係ないこと載せているのだ!と思われた方、
実は関係なくないんです。
なんと、色々な自転車ツアーを組んでくださっている日本旅行さん。
出雲をめぐる素敵なツアーも組んでくださっています。
9月のちょうど涼しくなってきた頃の最高の時期。
詳細は下記URLよりご確認下さい。締切は明日、8/19(金)です!!

たびーら縁結びライド2016 in 出雲

こちらのツアーに前日入りしてまずは松江の佐太神社で悪縁を断ち切り、
9/11に存分に出雲大社で良縁を結んでくるなんてのも素敵かなーと思った次第。

と、私の夏休みの宿題の絵日記を書くかのようにブログを後半書いてしまい失礼致しました。
夏休みはもう終わりです。もうブエルタ開幕です!

毎年そうですが、ブエルタは最後の最後まで予想できないレース展開になります。
地上は灼熱のスペインのかんかん照りの太陽が顔を出し、選手達を苦しめますが、
山岳のゴール付近は雪が降っていることもあったり、気温差が激しいのもブエルタの楽しみ要素のひとつ。
最後まで誰がマイヨ・ロホに袖を通すかが分からない白熱したブエルタらしいレースを今年も期待します!

繰り返しになりますが、
J SPORTSではブエルタ・ア・エスパーニャ2016を全21ステージ独占生中継でお届けします。
新城選手、別府選手に加え、フルーム、コンタドール、キンタナら豪華選手の競演。
是非、スペインの3週間をお見逃しなく(=゚ω゚)ノ

2016-17 移籍市場解禁!

こんにちは、サイクルライター/アナリストの福光俊介です。

前回の投稿からすっかり穴を開けてしまいました。

大興奮のツール・ド・フランスが終わり、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

 

さて、2016年も8月に入り、いよいよレース外の話題が活性化する時期がやってきました。

そうです、ストーブリーグ、移籍市場が解禁となりました!

 

UCI(国際自転車競技連合)の規定により、新シーズンに向けた移籍の合意・発表は8月1日以降に行うことがルールとなっています。

とはいえ、実情としてはかなり早い段階・・・、本当に早い選手であれば、前年の冬には獲得を目指すチームからオファーがあったりもするのだとか。

その手のケースは極端ではありますが、やはりビッグネームであればシーズンインまもない段階から、来季に向けた交渉が始まり、8月を前に仮合意に達していることが多いとされています。

また、ツール期間中に移籍、または所属チームとの契約延長交渉が急展開することもよくある話で、2回ある休息日は話を進めるのにはもってこいだったり。

そんな、“暗黙の了解”もありつつ、今年もストーブリーグがスタートしました。

 

そして、初日からビッグニュースが舞い込んできました!

 

f:id:jsports_cycle:20160802031543j:plain©Tinkoff

 

ペテル・サガンスロバキア、ティンコフ)のボーラ・ハンスグローエ(現ボーラ・アルゴン18)移籍決定(チームによる公式発表・英文)。

 

現在は第2カテゴリーにあたる、UCIプロコンチネンタルチームですが、来シーズンのUCIワールドチーム(第1カテゴリー)昇格を見据え、現ロード世界王者であり、ツールのポイント賞・マイヨヴェールを5連覇した東欧の雄の獲得に見事成功。

過去のドーピング禍を乗り越え、ロードレース熱が復活しつつあるドイツのチームであり、デュッセルドルフで開幕する来年のツールへも並々ならぬ意欲を燃やしています。

 

先日、チームは来シーズンからスペシャライズドのバイクを採用することを発表。

これは、サガンの移籍に関係しているのではないかとの噂もありましたが、あながち間違いではないのかもしれません。

また、同時にペテルの兄であるユライ・サガンミカエル・コラーエリック・バシュカスロバキア人選手、マチェイ・ボドナル(ポーランドが移籍することも明らかに。

サガンを支えるために、同胞や信頼度の高いアシスト選手を合わせて獲得しています。

 

来季、チームにおける最初のターゲットは、春のクラシックレース。

その後は、3つのグランツールすべてで活躍することにシフトしていくとのこと。

チームは、なおも有力選手獲得に向けて動き続けているとしており、前述のUCIワールドチーム昇格を念頭に置きつつも、仮にそれがかなわなくとも狙ったレースへの出場権を得られるだけの戦力の整備は進めていくものと思われます。

ちなみに、第2スポンサーとなるハンスグローエ社は、水栓金具やシャワーヘッドなどを製造・販売するドイツ企業。

 

サガンの話題で盛りだくさんになってしまいましたが、ひとまず8月1日付で各チーム発表された、移籍情報を以下にまとめておきます。

 

---

 

ボーラ・ハンスグローエ(現ボーラ・アルゴン18)

ペテル・サガンスロバキア、ティンコフ)

ユライ・サガンスロバキア、ティンコフ)

ミカエル・コラー(スロバキア、ティンコフ)

エリック・バシュカ(スロバキア、ティンコフ)

マチェイ・ボドナル(ポーランド

 

その他:2017年シーズンからスペシャライズド社のバイクを使用。

 

---

 

アスタナ プロチーム

オスカル・ガット(イタリア、ティンコフ)

イェスパー・ハンセン(デンマーク、ティンコフ)

ミカエル・ヴァルグレンアナスン(デンマーク、ティンコフ)

モレノ・モゼール(イタリア、キャノンデール・ドラパック プロサイクリングチーム)

 

その他:2017年シーズンからアルゴン18社のバイクを使用。

 

---

 

オリカ・バイクエクスチェンジ

ロマン・クロイツィゲルチェコ、ティンコフ)

 

---

 

BMCレーシングチーム

ニコラ・ロッシュ(アイルランド、チーム スカイ)

 

---

 

チーム ロットNL・ユンボ

フアンホセ・ロバト(スペイン、モビスター チーム)

 

---

※各選手名後ろのカッコは国籍と現所属チーム

 

ティンコフは今シーズン限りでのスポンサー終了がすでに発表されていますが、移籍が決定した選手たちを見ていくと、改めてチームの“解体”が進んでいることを実感させられますね…。

 

そのほか、中東・バーレーンで2017年シーズンから発足し、UCIワールドチーム入りが噂される『バーレーン サイクリングプロジェクト』のバイサプライヤーメリダ社になることも、8月1日に発表されました。

それに伴い、チーム名がバーレーンメリダ プロサイクリングチーム」となることも決まっています。

 

昨冬にはチーム立ち上げがトピックとなっていた、このチーム。

当時からヴィンチェンツォ・ニバリ(イタリア、アスタナ プロチーム)と相思相愛の関係にあるとも言われていますが、真相はいかに。

 

また、メリダ社といえば、現在ランプレ・メリダのスポンサーでもありますが、そのあたりの関係も興味深いところ。

ランプレ・メリダのゼネラルマネージャー、ブレント・コープランド氏が来年からは、このバーレーンチームへと移ることも決まっていて、幾人かの選手たちも同調するのではないかとの見方もヨーロッパのメディアでは報じられています。

 

きっと近いうちに、何らかのアクションがあるはずです。

 

とにもかくにも、今後、さらに移籍市場の賑わいが予想されます。

大きなニュースがあり次第、随時お届けしたいと思います。

 

それではまた、近々お会いしましょう。

 

福光 俊介/The Syunsuke FUKUMITSU

http://www.thesyunsukefukumitsu.jp/

http://www.sukecycle.jp/

suke's cycling world | Facebook

Syunsuke FUKUMITSU | Facebook

Syunsuke FUKUMITSU (@sukecycle) | Twitter

The Syunsuke FUKUMITSU (@sukecycle) • Instagram photos and videos

 

新城幸也選手のドキュメンタリー、必見ですよ〜!

こんにちは、宮本あさか@Parisです。

ツール・ド・フランスも終了し、今年の夏も終わってしまったなぁ……としみじみ感慨にふけっております。普通に考えれば、これからが夏本番!のはずなのですが。きっと、多くの自転車関係者やファンの皆さまたちが、同じように夏の終わりを感じているのではないでしょうか?

 

さて、そんなツールの夏の締めくくりに、ぴったりのドキュメンタリーがひとつ。8月3日(水)午後10時からJ SPORTSで放送される、題して「ドキュメンタリー ~The REAL~新城幸也の過ごした164日間 大腿骨骨折からツール・ド・フランス出場へ」。

 

f:id:jsports_cycle:20160728184535j:plain

 

 2月ツアー・オブ・カタールでの落車、大腿骨骨折から、日本でのリハビリ、タイでのトレーニング、そしてツール・ド・フランスシャンゼリゼフィニッシュまで、新城選手の奮闘の日々を追いかけたものです。

 

実はこの企画、「復活を応援する気持ちを込めて、新城選手を追いかけよう。もしかしたらツールには回復が間に合わないかもしれない。でも、たとえツール最終日に新城選手がどこにいようとも、象徴的な区切りの日として、ツール最終日まで密着を続けよう」というプロデューサーの強い意志でスタートしました。だから、本当に、嬉しいラストデーとなりました。なにしろタイトル通り、大腿骨骨折から164日後には、新城選手がシャンゼリゼの石畳の上を走っていたのですから。

 

ツール閉幕の翌々日には、新城選手のご自宅にも訪問取材を行ってます(たいへんお疲れのところ、新城選手、ありがとうございました!)。そこでは赤色のゼッケン「152」はもちろん、ご自身にとっては6枚目となる「ツール出走記念メダル」も見せていただきました。

f:id:jsports_cycle:20160728185532j:plain

 

このドキュメンタリーの取材・編集にあたったのは、10年ほど前から新城選手をよく知るディレクターです。今回も長期密着で、丁寧に、新城選手の心の動きを追いかけています。そんな担当者から、番組宣伝として、ひとこと。

「新城選手のポジティヴさを見て欲しいですね。絶対にツールに出る、という彼の強い信念こそが、奇跡の復帰を引き寄せたんです。正直に言うと、新城選手が松葉杖をついて歩いていた頃は、『さすがにツールはダメだろう……』と僕自身は思っていました。でも、松葉杖が外れた時に、『もしかしたら、間に合うんじゃないか』との確信に変わった。なにより新城選手とは、『持っている選手』なのだ、とひしひしと感じましたね」

 

f:id:jsports_cycle:20160728191038j:plain

8月1日には五輪出場のため、ブラジルのリオへと飛ぶ新城選手。ツール閉幕の3日後には、早くもトレーンングを再開しています。さらに、J SPORTSサイクルロードレースファンにとって朗報なのは、リオ後には、なんとブエルタ出場の可能性もあるとのこと!

 

そんな新城選手のますますの活躍を祈りつつ……。8月3日(水)の番組をどうぞお楽しみに!

 

宮本あさか@Paris

 

 

グライペル選手、セルフィー攻撃につかまる。。。

シャンゼリゼの石畳で、ツールの21日間が無事終了しました。

いろいろお伝えしたいことはあるのですが、ネタ(!?)が古くなる前にささっと小ネタを。。。

 

最終日のパレード・ランは、シャンティイでスタート。スタートは見送らず、ゴールのパリでプロトンの到着を待った関係者も多かったのではないかと思いますが、パリまでバスに乗せてもらえそうな雰囲気だったので、スタートの様子を見に行ってきました。

 

パリまであと一息、という安心感なのか、選手たちの表情も明るいように思えます。

 

f:id:jsports_cycle:20160725184308j:plain

f:id:jsports_cycle:20160725184326j:plain

 

フェンス越しにサインをお願いするファンもいれば、エリア内に入り、お気に入りの選手にアプローチするゲストも。。。

 

f:id:jsports_cycle:20160725184303j:plain

f:id:jsports_cycle:20160725184316j:plain

(パンタノ選手に夢中なお父さん)

 

パレード・ランとはいっても、スプリンターたちにとっては、シャンゼリゼでの区間優勝がかかる、最後の大舞台。ロト・ソウダルのチームバスの前を通りかかると、今ツールでは未勝利のグライペル選手が、ちょうどサイン・インに向かおうというところ。そこにまず一人のファンが近づき、セルフィーを依頼。快くOKし、サングラスを外し、すこし笑顔になるグライペル選手。そこにすかさずもう一人が近づき、顔を寄せてもう一枚。続いてまた一人近づき、またもう一枚・・・。

 

f:id:jsports_cycle:20160725185754j:plainf:id:jsports_cycle:20160725185908j:plainf:id:jsports_cycle:20160725185843j:plainf:id:jsports_cycle:20160725185853j:plain

f:id:jsports_cycle:20160725185910j:plain

 

だんだんと険しい顔にはなってしまいましたが、そこにいた希望者全員と、ちゃんとフレームに収まった、律儀なグライペル選手なのでした。

今ツール初の区間優勝、それも一年ぶりのシャンゼリゼでの区間優勝、おめでとうございまする。。。

 

寺尾真紀 @ 一時的にパリ

Maki Terao (@makiterao) | Twitter

寺尾 真紀のコラム一覧 : コラム | J SPORTS

 

 

ツールもいよいよ最終局面を迎えます୧꒰*´꒳`*꒱૭✧

ポケモンをGETされようとしている皆様、こんばんは。
いよいよツール・ド・フランスも最終局面を迎えています。
ここまでお付き合い頂きました皆様、本当にありがとうございます。
皆様と一緒にこの日本国内でツール・ド・フランスという世界最大のサイクルロードレースを盛り上げる事ができ、大変嬉しく思っております(*´∀`*)

 

さて、最近すこーしだけ思うこと。
ツール4勝を挙げていたカヴェンディッシュ選手や、カンチェラーラ選手など何名かオリンピックに向けてツールを途中棄権しました。ちょっと寂しいですね(´;ω;`)
確かに、確かに、4年に一度の大舞台。オリンピックに向けて調整し、その大舞台でのベストパフォーマンスを世界各国のファンに届ける使命が選手達にはあること、重々理解しております。
ただ、やっぱりパリ・シャンゼリゼでそういった選手達みんながゴールする瞬間を見たかった…!という本音をぽろっと言ってみます(´・ω・`)
ですが、一番悔しいのは選手達ご自身ですよね。辞退したいと思っていた選手なんてきっといない。オリンピックですもの…。仕方ないですよね。わがままはもう言いません!!
ツールで活躍した選手がきっとリオ五輪でも活躍してくれることでしょう。
その瞬間も楽しみにしつつ、残り3ステージのツールも楽しみにしてようと思います\(о♡∀♡о)/
みなさまも是非、お楽しみに!


さて、気は少し早いですが、少しここまでの振り返りを。
今年のツールも色々なドラマがありました。

 

世界遺産モン・サン・ミシェルで記念すべき開幕を迎え、
選手のバックに大きな世界遺産がくっきりと晴天の中映り込む画は、
今後のツール・ド・フランス史上であってもなかなかない光景でしょう。

f:id:jsports_cycle:20160722150422j:plain

©Yuzuru SUNADA


(そういえば、栗村さん語録の中に「日本のモン・サン・ミシェル=江の島」というワードが追加されたのも、懐かしいですね。)

f:id:jsports_cycle:20160722150459j:plain

 

夜になるとライトアップもされて綺麗ですよね。日本の“モン・サン・ミシェル”。

f:id:jsports_cycle:20160722150447j:plain

 

そして、2月に大腿骨骨折という大怪我を負った新城幸也選手(´ェ`;)三(;´ェ`)
今年のツール出場が決まった時点で、J SPORTS社内はお祭り騒ぎでしたが…。
そんな新城選手がなんと第6ステージで敢闘賞を獲得しちゃったときには
そりゃあもう、お祭り騒ぎを超えるテンションでしばらく最高潮ムードでした。
新城選手敢闘賞獲得ステージの再放送をBS無料放送まで実施して、有料放送というビジネスを一時き忘れてこの感動を少しでも多くの人に届けたいという熱い思いのまま緊急編成致しました。
8月には新城選手のドキュメンタリーも放送を予定しています。
必見!!!

www.jsports.co.jp

 

f:id:jsports_cycle:20160722150537j:plain

©Yuzuru SUNADA

 

そしてそして、相変わらず強い!フルームの圧巻のダウンヒルは第8ステージでした。
考えられない体勢でペダルをこぐフルームはここでタイム差をつけて現在もマイヨ・ジョーヌをキープ。
ほんとうに強いです。ここからしっかりとマイヨ・ジョーヌをキープ。

フルームは、10月さいたまクリテリウムにも出場が決定しています。

※ちなみにフルームのダウンヒルは危険ですので、決してマネをしないで下さい。

f:id:jsports_cycle:20160722150835j:plain

©Yuzuru SUNADA

 

色々な意味で忘れてはならないステージもありました。第12ステージ。
多くの観客によって埋め尽くされたコース。それによって引き起こされた事故。
観客マナーがそのレースの全てを変えてしまうといっても過言ではないことが証明されました。

f:id:jsports_cycle:20160722150959j:plain

 ©Yuzuru SUNADA


カヴェンディッシュの完全復活。ツール区間4勝をさらっていきました。

第1、3、6、14ステージでの優勝。豪華スプリント勢が揃う中ぐんっと力強く前にでるスプリント勝負。数センチ差の勝負も今年は多いですが、あれだけの速さの迫力はきっと現地で見たらど迫力ものですね。

f:id:jsports_cycle:20160722152235j:plain

©Yuzuru SUNADA


そして、史上初の敢闘賞2名という形になった、16ステージ。
トニー・マルティンとジュリアン・アラフィリップ。
もちろん2名の選出に賛否両論あるでしょう_(:З」 ∠)_あの時もふたりで逃げてたのに!なんで今回だけ!等々疑問が出るのも当然です。
ただ、「2人にとって良い思い出になったよ」と語るアラフィリップ選手の言葉を聞いて、ずっと今年のツールで不運が続き悔しい思いをしてきたアラフィリップ選手にとって偉大な先輩とこのステージで懸命に逃げて一緒に表彰台に上れたことは、少しは借りを返せた結果になったのではないでしょうか――。

f:id:jsports_cycle:20160722152323j:plain

©Yuzuru SUNADA


ほかにも本当に多くのドラマがありました。
筋書きのない3週間のドラマ。
皆様しっかりご堪能いただけましたでしょうか。
あと3ステージ分、どうぞ宜しくお願い致します。

 

そして、24日(日)パリ・シャンゼリゼを走る選手達の姿を見おさめたら、「すいんぐろー」で締め( ´0`)☆
…では、ありません!!!!

最終日は、Eaglesの「Desperado」の曲にあわせ、本ブログでも振り返ったような、ツール・ド・フランス2016の全てのハイライトで締めくくりですo(・ω・。)

一足お先に「Desperado」聞いてみましたが、なんだか寂しくて泣きそうになりました(ノ◇≦。)

 

ツール・ド・フランス第21ステージ、Eaglesの「Desperado」で皆様の感動をお約束いたします。ぜひ、放送の最後までお付き合い頂けますと幸いです(。>ω<)ノ

 

最後に…、今年もやります。「我らワールド」スピンオフ。
いつも使用しているツール・ド・フランスの中継スタジオを開放し、お客様と一緒に今年のツール・ド・フランス2016 MVPを勝手に決定しちゃおう。という企画です(*^_^*)
応募締切は7/26(火)です。詳細は下記よりご確認下さい。

www.jsports.co.jp


本日のツール・ド・フランス第19ステージ放送は、午後7:35~J SPORTS 4で生中継です。

番組情報 Cycle*2016 ツール・ド・フランス | J SPORTS

どうぞ、宜しくお願い致します!!

 

かいぶつのふるさと、ベルンより。

緑深いジュラ山塊を抜け、ツールはベルンに。

 

f:id:jsports_cycle:20160720154508j:plain

 

これまでスイスでのゴールは20回以上(今回が23回だそう)ありますが、ベルンがツールを迎えるのは初。
ベルンは、今年限りで引退を表明しているファビアン・カンチェッラーラ選手の故郷でもあります。

 

f:id:jsports_cycle:20160720155513j:plain

 

第16ステージ、ベルンのフィニッシュラインをめぐる争いは、スプリンターにそのカンチェッラーラ選手も加わり白熱した争いになりましたが、ラスト数キロメートルの攻防を見守る間、背後の観客席から大きなシュプレヒコールが。

最初はカンチェッラーラ選手の応援団かと思いましたが、ファビアン、ファビアン、のコールでもなく、振り向いてみれば、振り回しているのはスロバキアの旗。サガン応援団です。ですが、腑に落ちたようで腑に落ちないのは、そのコール。ぺトル!でもなくサガン!でもなく…うーん、なんだか気になります。

 

サガン選手とクリストフ選手がフィニッシュラインを越えた途端、歓喜の叫び声をあげて飛び出していったのはオレグ・ティンコフ氏。しかし、しばらくして勝者はクリストフ選手だった、という話が伝わり、コースの反対側でノルウェーのTV局がインタビューを始めます。写真判定の結果をもうしばらく待ってほしい、という連絡が少し遅れてしまったため、2位のクリストフ選手がフルの優勝者コメントをしてしまうという、笑えないハプニングになってしまいました。

 

f:id:jsports_cycle:20160720154511j:plain

 

一方のサガン選手は、いつも通りのマイペース。公式会見が行われるビデオカンファレンスルームで、マイヨジョーヌのフルーム選手がアルプス難関ステージについてまじめに答えていると、突然背後の扉がガラガラと開き、サガン選手がぬっと顔をのぞかせます。フルーム選手も記者たちも一瞬ギョッ。

 

f:id:jsports_cycle:20160720154520j:plain

f:id:jsports_cycle:20160720154517j:plain


「ハーイ、クリス (^O^)/ もしかしてまだ話中???」
「あ~、あともうちょっとかかるかも」
「オーケー!」
フルーム選手も、ただただ苦笑するほかありません。

 

サガン選手について聞いて、プロトンの誰からも悪い言葉を聞いたことがありません。ほぼ例外なく、クレージー(あるいはエキセントリック)だけれど、とってもいいやつだよ、素晴らしいチャンピオンだよ、という言葉が返ってきます。こんな屈託のないところも、彼が誰からも愛されている所以なのだろうなあと思った午後でありました。

 

カンチェッラーラ選手を迎えてスペシャルなサインイン・セレモニーを行うという、今日の第17ステージ。ここからは4日間のアルプス難関ステージとなります。

 

f:id:jsports_cycle:20160720154514j:plain

寺尾真紀

Maki Terao (@makiterao) | Twitter

寺尾 真紀のコラム一覧 : コラム | J SPORTS