読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

J SPORTSサイクルブログ

国内最大4チャンネルのスポーツテレビ局J SPORTSのサイクルブログです。

2016-17 移籍市場解禁!

こんにちは、サイクルライター/アナリストの福光俊介です。

前回の投稿からすっかり穴を開けてしまいました。

大興奮のツール・ド・フランスが終わり、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

 

さて、2016年も8月に入り、いよいよレース外の話題が活性化する時期がやってきました。

そうです、ストーブリーグ、移籍市場が解禁となりました!

 

UCI(国際自転車競技連合)の規定により、新シーズンに向けた移籍の合意・発表は8月1日以降に行うことがルールとなっています。

とはいえ、実情としてはかなり早い段階・・・、本当に早い選手であれば、前年の冬には獲得を目指すチームからオファーがあったりもするのだとか。

その手のケースは極端ではありますが、やはりビッグネームであればシーズンインまもない段階から、来季に向けた交渉が始まり、8月を前に仮合意に達していることが多いとされています。

また、ツール期間中に移籍、または所属チームとの契約延長交渉が急展開することもよくある話で、2回ある休息日は話を進めるのにはもってこいだったり。

そんな、“暗黙の了解”もありつつ、今年もストーブリーグがスタートしました。

 

そして、初日からビッグニュースが舞い込んできました!

 

f:id:jsports_cycle:20160802031543j:plain©Tinkoff

 

ペテル・サガンスロバキア、ティンコフ)のボーラ・ハンスグローエ(現ボーラ・アルゴン18)移籍決定(チームによる公式発表・英文)。

 

現在は第2カテゴリーにあたる、UCIプロコンチネンタルチームですが、来シーズンのUCIワールドチーム(第1カテゴリー)昇格を見据え、現ロード世界王者であり、ツールのポイント賞・マイヨヴェールを5連覇した東欧の雄の獲得に見事成功。

過去のドーピング禍を乗り越え、ロードレース熱が復活しつつあるドイツのチームであり、デュッセルドルフで開幕する来年のツールへも並々ならぬ意欲を燃やしています。

 

先日、チームは来シーズンからスペシャライズドのバイクを採用することを発表。

これは、サガンの移籍に関係しているのではないかとの噂もありましたが、あながち間違いではないのかもしれません。

また、同時にペテルの兄であるユライ・サガンミカエル・コラーエリック・バシュカスロバキア人選手、マチェイ・ボドナル(ポーランドが移籍することも明らかに。

サガンを支えるために、同胞や信頼度の高いアシスト選手を合わせて獲得しています。

 

来季、チームにおける最初のターゲットは、春のクラシックレース。

その後は、3つのグランツールすべてで活躍することにシフトしていくとのこと。

チームは、なおも有力選手獲得に向けて動き続けているとしており、前述のUCIワールドチーム昇格を念頭に置きつつも、仮にそれがかなわなくとも狙ったレースへの出場権を得られるだけの戦力の整備は進めていくものと思われます。

ちなみに、第2スポンサーとなるハンスグローエ社は、水栓金具やシャワーヘッドなどを製造・販売するドイツ企業。

 

サガンの話題で盛りだくさんになってしまいましたが、ひとまず8月1日付で各チーム発表された、移籍情報を以下にまとめておきます。

 

---

 

ボーラ・ハンスグローエ(現ボーラ・アルゴン18)

ペテル・サガンスロバキア、ティンコフ)

ユライ・サガンスロバキア、ティンコフ)

ミカエル・コラー(スロバキア、ティンコフ)

エリック・バシュカ(スロバキア、ティンコフ)

マチェイ・ボドナル(ポーランド

 

その他:2017年シーズンからスペシャライズド社のバイクを使用。

 

---

 

アスタナ プロチーム

オスカル・ガット(イタリア、ティンコフ)

イェスパー・ハンセン(デンマーク、ティンコフ)

ミカエル・ヴァルグレンアナスン(デンマーク、ティンコフ)

モレノ・モゼール(イタリア、キャノンデール・ドラパック プロサイクリングチーム)

 

その他:2017年シーズンからアルゴン18社のバイクを使用。

 

---

 

オリカ・バイクエクスチェンジ

ロマン・クロイツィゲルチェコ、ティンコフ)

 

---

 

BMCレーシングチーム

ニコラ・ロッシュ(アイルランド、チーム スカイ)

 

---

 

チーム ロットNL・ユンボ

フアンホセ・ロバト(スペイン、モビスター チーム)

 

---

※各選手名後ろのカッコは国籍と現所属チーム

 

ティンコフは今シーズン限りでのスポンサー終了がすでに発表されていますが、移籍が決定した選手たちを見ていくと、改めてチームの“解体”が進んでいることを実感させられますね…。

 

そのほか、中東・バーレーンで2017年シーズンから発足し、UCIワールドチーム入りが噂される『バーレーン サイクリングプロジェクト』のバイサプライヤーメリダ社になることも、8月1日に発表されました。

それに伴い、チーム名がバーレーンメリダ プロサイクリングチーム」となることも決まっています。

 

昨冬にはチーム立ち上げがトピックとなっていた、このチーム。

当時からヴィンチェンツォ・ニバリ(イタリア、アスタナ プロチーム)と相思相愛の関係にあるとも言われていますが、真相はいかに。

 

また、メリダ社といえば、現在ランプレ・メリダのスポンサーでもありますが、そのあたりの関係も興味深いところ。

ランプレ・メリダのゼネラルマネージャー、ブレント・コープランド氏が来年からは、このバーレーンチームへと移ることも決まっていて、幾人かの選手たちも同調するのではないかとの見方もヨーロッパのメディアでは報じられています。

 

きっと近いうちに、何らかのアクションがあるはずです。

 

とにもかくにも、今後、さらに移籍市場の賑わいが予想されます。

大きなニュースがあり次第、随時お届けしたいと思います。

 

それではまた、近々お会いしましょう。

 

福光 俊介/The Syunsuke FUKUMITSU

http://www.thesyunsukefukumitsu.jp/

http://www.sukecycle.jp/

suke's cycling world | Facebook

Syunsuke FUKUMITSU | Facebook

Syunsuke FUKUMITSU (@sukecycle) | Twitter

The Syunsuke FUKUMITSU (@sukecycle) • Instagram photos and videos